• 2023-02-02

胎児の赤ちゃんは母親の心理学をコピーできます

9月 30, 2022

ガイド:実際、ヘルスケアの観点から、妊娠を「幸せな出来事」として扱うことも妊婦を思い出させます。幸せな気分、楽観的な感情を維持し、悪い感情の影響を避けます。あなたは不快なことに遭遇します。私たちの国では、人々は妊娠を「幸せ」と呼ぶことに慣れています。妊娠は妻が母親になることを意味し、夫は父親になることを意味するからです。これはもちろん幸せな出来事です。実際、ヘルスケアの観点から見ると、妊娠を「幸せな出来事」として扱うことも妊娠中の女性を思い出させます。幸せな気分、楽観的な感情を維持し、悪い感情の影響を避けることです。

研究は、妊婦の感情的な変化が生理学的機能、身体の質、健康の変化につながる可能性があることを証明しており、これらの変化は胎児の成長と発達に直接的または間接的に影響を与えるでしょう。妊娠中の女性の怒りを例にとると、医学的および心理的研究者は、妊娠中の女性が怒っているときの血液中のホルモンのレベルが急速に上昇し、体内の有害な化学物質の濃度が短時間で増加することを具体的に測定しました。これらの物質は胎児に直接作用します。専門家の言葉では、「胎児は母親の心理的状態をコピーできます。」将来、母親の人格と感情は人格と感情の観点から回復されます。怒りの結果は非常に悪いことがわかります。

さらに、血液中の白血球は健康的な「警備員」です。人々が病気になると、マクロファージ、特に白血球が「戦い」状態に入り、体に侵入する細菌やウイルスと戦う。妊娠中の女性の空想は、血液中の白血球を減らし、体の抵抗を弱め、人間の免疫機能を低下させます。これは彼ら自身の健康にとって好ましくないだけでなく、胎児の成長と発達にも影響しますが、出生後の病気に抵抗する子供の能力は通常の子供よりも悪いです。

ガイド:実際、ヘルスケアの観点から、妊娠を「幸せな出来事」として扱うことも妊娠中の女性を思い出させます。幸せな気分、楽観的な感情を維持し、悪い感情の影響を避けます。 ‘怒りを心配します。

一部の専門家は、口蓋裂、口蓋裂などのウサギの唇、ウサギの唇などの欠陥を持つ一部の赤ちゃんが妊娠中に気分が悪くなることが多いことを発見しました。専門家の分析では、妊娠7〜10週間の間に、妊娠中の女性がいくつかの悪い刺激の影響を受け、感情的な不安定性をもたらす場合、それは無視できない要因である可能性が高いと考えています。

過敏性、過敏性、感情的な変動、敏感で疑わしい妊婦は、妊娠初期および妊娠中期に流産し、通常の妊婦の3〜5倍高く、これらの妊婦は子供よりも子供を持っています正常な妊婦。子供の体重は明らかに軽量であり、出産中に生産するのが困難な人は、母親の心理学よりも心理的です。したがって、妊娠中の女性は妊娠中に健康で良い感情を維持する必要があります。家族は、できるだけ調和のとれた幸せな生活の雰囲気を作り出すべきです。夫と妻はもっとコミュニケーションを取り、理解する必要があります。